ハイパーメディア研究会定例会報告



平成8年3月27日午後6時よりIBM箱崎にて例会を開催しました。今月のテーマは視点を「日の丸ソフトに世界制覇の可能性はるのか?」といった少々国粋主義者的??キャッチで迫ってみました。しかし真相は昨年のコムデックスフォール以降、脱ウインテル路線の様々な可能性が討議されていますが($500インターネット端末等)、マルチメデイアオーサリングツールに関しては全く論議の外でした。新年早々、ソフマップの鈴木さんに会った時に「クオビス」のデモをうけてショックを受ける、このソフトが全く日本のプログラマーだけで開発されていることに、またショックをうける。(決して日本蔑視ではありません)あまりに発想が独創的でいままでの物まね的物作りと一線を期す製品であったからです。これは多くの人に知っていただく必要があると思い冒頭の過激なキャッチとなってしまいました。今日の相手を努めて頂くゲンテックの宮沢さんも画像圧縮技術では世界的に著名な方です。創業の苦労も含めて二人の若い経営者の息吹を多くの方に知っていただければ思います。
3月当番運営委員samurai@hmw.or.jp



快適なIBM箱崎のプレゼンルーム、金子さんIBMさん有り難うございます。






ソフマップ株式会社代表代表取締役鈴木慶氏の挨拶。






この図はCPUの進化につれてOSやアプリケーションも肥大化していることを説明しています。「クオビス」は一つ一つが100KByte程度のアプリケーションで相互にリンクして動くのでOSをその都度見に行かない機能が486等のCPUでも十分快適に動く秘訣だと熱弁されています。






これは「クオビス」と「オートデスク」の速度比較です。圧倒的な「クオビス」の早さです。






この図はある地域の電信柱の位置や形状を示した、マルチメデイア的地図の具体例です。マウス一つで異なる電信柱の分類や写真が現れる様はまるでマジックのようです。






これは未来の交通システムをシュミレートしたシステムです。現在「事故待機中」です。






交通事故が発生しました。警報がなっています。






事故現場を表示、事故車のナンバプレートや最寄りの救急病院の場所や到達時間等、電話オペレータが必要とする情報が瞬時にマウスボタン一個でデスクトップのパソコンに表示されます。






今度はある地区の任意の場所の宅地計算です。






特定の場所を選んでドラッグすると瞬時に面積を計算します。所得、支出、家族構成など異なった属性のデータでの抽出も一瞬で行います。






これは不動産の紹介地図、地域を選んで、建物を選んでマウスをクリックすると建物の写真が現れる、またクリックすると間取りがあらわれる。といったインタラクティブ性は秀逸です。






これは結婚式場のプレゼンです。こうなると応用はアイデア次第ですね。






これはマイクロソフトワードのある箇所をクリックすると説明写真が瞬時に表れます。






会社の事務所のレイアウトです。机をクリックすると座っている人の写真が表れます。






鈴木さんは今年、念願の1000億円の売り上げを達成、名実もとに日本のパソコン小売りナンバーワンの座を獲得しました。






今日の二番目の講師の宮沢さんです。株式会社ゲンテック代表取締役です。






この動画データはフロッピーデスク一枚に収まっています。絵が動くし、インタラクティブ性もある、ゲンテックの技術の証です。






これもゲンテックの誇る技術の一つ、2つの異なるシーンの顔写真から様々な顔の表情のをコンピュータで表現します。






本邦初公開のビデオです。ゲンテックのスタジオのシリコングラフィックスで動いています。






この女性の表情がマウスのコントロールでリアルタイムに様々に変わります。本当に驚きです。






熱く語る宮沢さん、著名なライターから会社を設立、苦労をした創業時期の話は大変感銘を受けました。






第二部は鈴木さん、宮沢さんに米国から参加のマイクロテストの副社長のアランアドキンスさんを交えたパネルデスカッション。






宮沢さんの創業からベンチャーキャピタルとの出会いまでの話はとても印象的です。






右からソフマップ鈴木さん、ゲンテック宮沢さん、マイクロテストアランさん、カメオインタラクテイブ村井。






少々、ナショナリスト的ではと質問する研究会会員のスナップです。






今回のテーマは運営委員会の設営であり、講師の先生の要請ではないことを説明するカメオの村井氏。






当日参加された方々です。






お疲れさまです。有意義な一日でしたか?皆様!!鈴木様、宮沢様、アラン様、超ご多忙のところ本当に有り難うございます。運営委員一同感謝申し上げます。






ハイパーメディア研究会1996年3月定例会

「次世代のパソコン環境を予見する日の丸オーサーリングツール登場!!」
 次世代のパソコン環境は東京から!!

一見、頑丈な城壁に守られたように見える、舶来CPUや舶来OSや舶来オーサリングツ ールと日々格闘されている皆様へ!!3月のハイパーメデイア研究会例会はすこし趣 向をかえた提案を皆様におこないたいと考えています。
日本有数(最大!!)のパソコンリテイルチェーンを10年未満で成し遂げた、株式会 社ソフマップ代表取締役である驚異の経営者鈴木慶氏が投げかける二本目の矢は「Di gitalCell Technology TM」とよばれる思想を引っ提げた新思想のマルチメデイアオ ーサリングツールです。「何故次世代なの?、何故この時期に!!日本製?マックで も動くの?価格は?仕様は?製品思想は?ランタイムはあるの?デジタルセルッて何?何ができるの?」
鈴木慶氏自らすべてお答えします!!

開催日:1996年3月27日(木)
時 刻:午後6時開場 6時30分開演 9時終了予定
場 所:日本IBM箱崎 一階ホール
会 費:非会員 8,000円
連絡先:事務局-新晃社 Tel:03-5821-2181 Fax:03-5821-2180

講演内容:

「次世代のパソコン環境を予見する日の丸オーサーリングツール登場!!」

パネルデスカッション

「日の丸ソフトに世界制覇の勝算はあるのか!!」

パネラー: ソフマップエフデザイン鈴木慶氏
スタジオゲン宮沢氏
インフォシテイ岩浪氏
日本IBM金子氏
NHK宇佐美氏
電通柏原氏

質疑応答

連絡告知

コーデイネータ: 村井清二株式会社カメオインタラクテイブ
Back to Home page of HMW!