ハイパーメディア研究会1996年1月定例会

テーマ「子どもたちとInternet」

教育分野でもこの一年、Internetブームが吹き荒れた。学校教育については国レベ ルでも「100校プロジェクト」など、従来の行政では考えられない迅速な対応が見られた。

しかし実際にどのような成果が上がっているのかが、見えにくい。一方では、国境や教育制度を越えた子どもたちの活動の場も生まれている。

当研究会では、教育をとりまくメディアの状況を冷静に見ながら、「教育」の問題、「メディア」の問題、「社会的インフラ」の問題などを整理して、internetの今後を教育分野をひとつのケーススタディとして、検証してゆきたい。

日時

日 時:1996年1月25日(木)
場 所:日本IBM箱崎事業所1階会議室
時 間:18:30-21:30
会 費:8,000円(非会員)、4,000円(教職員)
連絡先:事務局-新晃社 Tel:03-5821-2181 Fax:03-5821-2180


定例会スケジュール

  1. 開会あいさつ(宮入運営委員長)

  2. テーマと講師の紹介(宇佐美・1月定例会担当)

  3. 講演-1.横浜市立本町小学校・出口和生先生
    「子どもたちが作るinternetホームページ」

    「100校プロジェクト」の中で、最も活動的な学校のひとつとして知られる本町小学校での、活動紹介。
    △Internet利用 http://www.honcho-es.naka.yokohama.jp

  4. 講演-2.横浜市立中川西小学校・中川一史先生
    「新しい段階に入ったMedia-kids」

    既に、3年目を迎えたMedia-kidsのネットワークと、日常の学校生活との関係。
    △Internet・ビデオ利用 http://kids.glocom.ac.jp

  5. 講演-3.Kids'space編集主幹・熊坂雅子氏(コロンビア大学大学院児童心理学)
    「世界の子どもたちが絵やお話で参加するネットワーク」

    Internetの人気サイトを支える、子どもたちと大人たちの活動。
    △Internet利用 http://www.interport.net/kids-space/indexJ.html

  6. 講演-4.内田則政氏(ベルデ企画)・宇佐美亘(NHKエンタープライズ21)
    「教育番組とネットワーク」

    豊橋市〜横浜市で利用されたFirstclassによるネットワークと、子どもたちの学習活動。
    △ビデオ・Computer利用

  7. パネルディスカッション
    参加者:出口、中川、熊坂、内田各氏
    司 会:宇佐美

  8. 情報交換・事務局レポート


Back to Home page of HMW!